So-net無料ブログ作成

今日の出来事ランキング2014

2014年のランキングをはじめ、今日、リアルタイムでの注目の出来事について、その内容をよりわかりやすくするために解説していくブログです。

世田谷区の小学生巻き込み事故の原因は!? [社会問題]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!




世田谷区の路上で、小学生3人に軽トラックが突っ込む事故の原因は何だったのか??


[スポンサーリンク]






今日の午後1時30分頃、世田谷区の路上で帰宅途中の小学生3人を巻き込む自動車事故が発生し、その小学生3人のうちの1人が心肺停止状態だという。




なぜこのような事故が起きてしまったのだろう!?考えられる原因は何か?


自動車事故の画像.png
(イメージ画像です)





①世田谷区という立地


今回考えられる事故の原因の一つ目は、世田谷区という立地が関係している可能性があります。それは、道路が比較的狭いということです。東京の中でも狭い方の部類に入る世田谷区の道路です。
それにくらべ、今回事故の起きた付近は、ニュース画像をみても比較的普通の道路であるといえます。ましてや、事故を起こした車が軽トラであることから、そのあたりの油断があった可能性があります。




②お昼という時間帯


次に考えられる事故の原因は、時間帯が、お昼すぎの午後1時30分ということで、集中力がとぎれやすい時間ということです。ちょうどお昼休憩を終えた後の仕事を再開し始める頃合いです。また昼食などで、お腹に溜まった状態になると、血液の循環が脳ではなく胃や腸などの消化器官に偏るために、集中力を欠いてしまうというのも考えられます。事故の現場となった世田谷区のこの道路の状況をみても、さすがに居眠りは考えにくいです。




③運転手の年齢


3つ目として考えられるのは、事故を起こした運転手の年齢にあります。運転手の年齢は61歳。やはり、すべての身体機能が衰えていることは否めません。ましてや、巻き込まれた小学生3人はまだ身長も小さいはずです。全国的に見ても小学生3年生の平均身長は130cm以下です。ということは、車からの死角で小学生が歩いている位置を把握できていない可能性があります。




④危険ドラッグか!?


最後に、あなたも記憶に新しいと思いますが、つい最近、池袋で起きた自動車事故の運転手は危険ドラッグを飲んだ後に運転をし、意識混濁のまま車を歩道を歩いている歩行者を巻き込んでしまいました。今回の場合、事故後にすぐ事情聴取をしているという点からみても、その可能性は低いと思いますが、注意しなければならないのは、事故の原因が、飲酒運転であったということは考えられます。今の時代、飲酒運転の規制が厳しくなったとはいえ、それはあくまでも夜の時間帯です。少なくとも車の通行量が少なくなり、飲酒のしやすい時間帯である夜中前や、明け方です。もし、飲酒の可能性があるとすればそのあたりのことにも精通している常習犯ともいえます。





ここまで、考えられる今回の世田谷区で起きた自動車事故の原因について挙げてきましたが、小学生3人のうちの1人が今なお重体のようです。一刻も早い回復をお祈りするとともに、自動車を運転することに、改めてそれだけとても大きな責任があることを再確認することが大事であると思います。




今回は以上になります。


[スポンサーリンク]






本日もありがとうございました。






共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。