So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の出来事ランキング2014

2014年のランキングをはじめ、今日、リアルタイムでの注目の出来事について、その内容をよりわかりやすくするために解説していくブログです。

ハンドフルートで絶対、音を出す方法とは!? [音楽]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!



ハンドフルートってご存知ですか??


ハンドフルートの方法.png





これですよ。



いわゆる、手笛です。手を楽器にして音を出すのです。



今回は、ハンドフルートで絶対に音を出す方法についてお話したいと思います。


[スポンサーリンク]







ズバリ!!


ハンドフルートで絶対に音を出す方法は、「センス」だそうです(笑)。



1回でいきなり音を出すことができる人は、確率的に100人に1人ぐらいの計算みたいですよ。





とはいっても、絶対に音を出す方法が、「センス」だけだとつまらないので、少し調べてみました。



このハンドフルートは、ある男性のまさに”手”で発明されました。


その男とは、「CHILDHOOD」というデュオの一人、森光弘さんです。もう一人のメンバーがピアノを担当している臼田圭介さん。


2人は、音大の出身。その大学在学中の2005年からCHILDHOODとして活動を始めたようです。



今では、全国を飛び回りながら、精力的にライブ活動をしたり、YouTube動画にアップするなどして、ハンドフルートの魅力を多くの人に伝える活動などもしているのです。


[スポンサーリンク]






では、話を戻して、ハンドフルートで絶対に音を出す方法です。




まずは、準備段階からです。




①両手を組みます。

絶対に音を出す方法①.png



②手のひらの付け根をしっかりとくっつけます。




③そして、親指の第一関節から上の部分を合わせます。


絶対音を出す方法②.png



④そうすると、その下に空洞ができるのがわかりますか?



⑤できた空洞のやや上にある第一関節にむけて、笛を吹くように息を吹きかけます。



⑥さぁどうでしょう!?



⑦音が出ましたか??





この段階で、絶対に音を出すことができるのは100人に1人だそうです。





おそらく、あなたも音を出すことができなかったのではないでしょうか??






そんなあなたに、ハンドフルートで絶対に音を出す方法のちょっとしたコツを2つだけお伝えします。



2つを試すことで、かなり音を出す確率があがるはずです。




そのコツとは!?




1.両手でにぎった部分の小指側に隙間をつくらないこと。
⇒隙間をつくってしまうことで、吹きかけた空気が逃げてしまうからです。


2.親指の腹の部分をすべて口につけずに、笛を吹くように口から離すこと。
(つまり、口に触れているのは、親指の第一関節部分だけです。)
⇒空気の微妙な逃げ場ができて、音が出やすくなることと、音を出す人間自身の姿勢がキレイになることで、より吹きかける息の量をコントロールすることができるからです。





ここまでの方法を試したあなたは、絶対に音を出すことができているではないでしょうか??


[スポンサーリンク]







今回は以上です。

最後までありがとうございました。



共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。