So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の出来事ランキング2014

2014年のランキングをはじめ、今日、リアルタイムでの注目の出来事について、その内容をよりわかりやすくするために解説していくブログです。

京都マラソンで初の補償保険、その内容は!? [スポーツ]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!



マラソンに保険があるのって知っていましたか!?



京都マラソンで初の補償保険.png




「えっ!?」


そんなの聞いたことありません。




実は、来年2月15日の京都マラソンにて、マラソン大会での初の補償保険が適用されることになりました。



そこで気になるのが、その補償保険って何か!?という事になると思いますが、今回は、その補償保険の内容について、簡単にご説明したいと思います。

[スポンサーリンク]







京都マラソンで初の補償保険となる、その内容ですが、



『補償保険である990円を払えば、大会の参加費12000円のみ返金される』


というものです。



また、2人で交代で走るというペア駅伝を申込みの場合は、補償保険の料金が1480円とマラソンに比べて490円高くなりますが、大会参加費である2万円が返金されます。



ここで、この補償保険について確認しておくべきことは、本日10月7日に京都マラソンへの参加者の抽選が発表されます。抽選が当たった参加者がその京都マラソンへの大会参加費を支払いその確認ができてから7日以内にこちらの補償保険に申し込むことが条件になります。


当然ですが、申込みした際に入金しなければ適用されませんし、この補償保険自体に加入しなければ、その条件内容に関して適用されませんので、ここは注意してください。


[スポンサーリンク]






そして、その気になる京都マラソンにおける補償保険に関する条件ですが、もちろんあります。すべてを網羅しているわけではないですので、キチンと確認してくださいね。




あなたなら、どんなことが気になるでしょうか!?



よくあるのが、京都マラソンの当日に、交通機関が大きく乱れてしまい会場にたどり着けなかった場合です。


補償保険の内容について.png




これって悔しいですよね。本人は行く気持ちがあるにもかかわらず、参加できない歯がゆさ。


もちろん、補償されます。



その他には、あなたが病気や怪我をしてしまい、入院や通院をしている場合、また家族が入院してどうしてもお見舞いを行かなければならない、急に仕事が入ってしまって出張をしなければならないといなど、“やむを得ず”京都マラソン当日に参加がかなわなかった場合のみ補償するというのがこちらの保険の内容です。



ここで疑問になってくるのが、その補償保険の条件についての詳細だと思いますが、こちらについては、必ず「重要事項説明書」と「約款」についてよく読んでいただき、きちんと条件内容について確認しておくことが必要になります。


例えばですが、急な病気やけがでの入院で京都マラソンに参加できなかった場合は、その大会当日に入院をしているという証明書が必要になります。



また、通院の場合でしたら、京都マラソンの当日もしくは前後1日以内に医師による診察を受けたということが必要になります。



その他にも、交通機関の乱れというのは、「2時間以上の遅延または運休や欠航」をさすので、先日の台風のような日、もしくは前回大会の時と同じように大雪などでこのような条件になった場合のみ適用されます。



こうしてみていくと、京都マラソンの補償保険の条件について、あなたがしっかりと内容を確認して、その条件に当てはまるようなことが想定される場合は、この補償保険への加入をおすすめしますが、当然、条件はかなり細部にわたって細かい規定などがありますので、もしかしたら必要でない場合もあります。



まずは、しっかりと「重要事項説明書」と「約款」を読んでから、最終決定をするようにしてください。



今回の京都マラソンの補償保険は、参加費の支払い確認ができてから7日間の時間がありますので、その期間、じっくり考えてからでも遅くはありません。


[スポンサーリンク]






今回は以上になります。


最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。





共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。