So-net無料ブログ作成

今日の出来事ランキング2014

2014年のランキングをはじめ、今日、リアルタイムでの注目の出来事について、その内容をよりわかりやすくするために解説していくブログです。

夕焼けが赤くなる理由をわかりやすく解説!! [生活]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!





今日の夕焼けは綺麗でしたね。




夕焼けが赤くなる理由.png




真っ赤な夕焼けはほんとに美しい。


でも、昼間はあんなにも空が青く見えるのに、夕焼けは赤くなるのでしょうか??




今回は、夕焼けが赤くなる理由をどこよりもわかりやすく解説します。


宜しくお願いします。

[スポンサーリンク]







夕焼けが今日のように赤くなる理由は、ズバリ太陽の光の届き方が違うからです。



ここでは、光の屈折とかそんな話はやめておきますよ(笑)。



「光の届き方の違い」というのは、簡単にいうと、太陽の光が、私たちの今いる位置に対して、どういう角度で差しているかということです。





太陽は朝起きて、夜が明けると東の空からのぼっていきますよね!?


そして、昼間になると太陽は季節によって角度は変わりますが、およそ南の空の真上にあります。


さらに、時間が過ぎていくと太陽は傾きはじめて、西の空に沈んでいきます。




その時間帯によって、地上に届く太陽の光の当たる角度が違うのはこれで分かると思います。




ですから、その太陽の角度がかなり小さくなっているとき、斜めに光があたっているとき、まさに夕焼けの時間帯に、空が赤く染まるのです。


[スポンサーリンク]






当然、その逆もあります。



そうです。朝焼けが赤くなることもあります。


朝焼けも赤くなります.png



では、なぜ太陽の昇りはじめや沈みかけの光の差す角度が変わることで赤く見えるのでしょうか!?



その理由は、太陽の光がより長く大気の層を通るからです。




大気の層を長く通れば通るほど、もともとある太陽の青色の光は届かなくなり、残った赤い色が目立つようになるのです。



これは光の波長に関係しています。



昼間は、太陽から私たちの地上へ垂直に光がそそぐために大気の層は短いために、すべての色が透過していき、その中でもよく散乱する青い色が目立って見えるのです。



そして、一方の斜めに差す太陽の光はというと、ずっと先の大気の層を通りすぎて、遠い私たちのいる場所に光が注いでくるので、青い色の波長の光が届くことができずに、変わって波長の長いオレンジ色や赤い色が残るために、夕焼けが赤く見えるのです。



また、大気中に塵やゴミなどが飛び散っていたり、火山の噴火などで、大気中に火山灰などが浮遊している時なども夕焼けが赤くなる理由とも言われています。




逆を言えば、台風の後の空のように、塵やゴミが少ない快晴の空が真っ青に見える理由はというと、空気がきれいだからこそそうなるのです。




「嵐の前の静けさ」といいますが、夕焼けが赤く染まり綺麗であるということは、台風が着実に近づいていることがわかります。



台風の前というのは、一般的に大気が安定していて天気が良いために、それだけ遠くの太陽の光が、私たちの場所に届いているからです。


[スポンサーリンク]







本日は以上です。


最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。






共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。