So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の出来事ランキング2014

2014年のランキングをはじめ、今日、リアルタイムでの注目の出来事について、その内容をよりわかりやすくするために解説していくブログです。

カテゴリー:社会問題

社会問題 ブログトップ

危険ドラッグとは何か!?その症状と危険性について [社会問題]


本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!




札幌市の路上で危険ドラッグを所持していたとして、薬事法違反の疑いで消防士が逮捕されたというニュースをご覧になった方も多いと思います。


危険ドラッグを所持していたこの消防士は駐輪場の中で発見されました。その時の消防士の状態とは、自転車に覆いかぶさって、けいれんしていました。そして、そのまま意識不明の状態のまま、病院に搬送されました。




最近、よくみる危険ドラッグによる事故や事件。しかも、そのどれもが重大な事故や事件につながっています。



果たして、この危険ドラッグとは何なのか!?どうして、こんな薬物に手を出してしまうのか??




本日は、危険ドラッグの症状や危険性について言及するとともに、危険ドラッグとは一体、何なのか!?その実態に迫っていきたいと思います。


[スポンサーリンク]







危険ドラッグとは、大麻や麻薬、覚醒剤などと同じ成分が含まれている危険性の非常に高い違法ドラッグです。



今年6月の池袋の歩道上で起きた自動車事故が起きましたが、その当時は、この薬物を危険ドラッグとは呼ばずに、「脱法ハーブ」などと言われていました。



この事故をニュースで知ったときは、この「脱法ハーブ」とは何なのか?と疑問に思った方も多かったのではないでしょうか。なぜ脱法ハーブを使用した人が事故を起こしてしまったのか??いわゆるこのネーミングが全くもって身体に悪影響があるものとして認識できなかったからです。


危険ドラッグとはわからないほどのデザイン.png



この危険ドラッグとは、乾燥した植物に、大麻にも似たような作用のある薬物(合成カンナビノイド)を混ぜてつくったものです。



ここで、恐ろしいことは、この危険ドラッグが、大麻など規制されている薬物よりも毒性の強い可能性があるということです。それは、その商品によって成分やその成分量が異なるので、どう身体に影響を及ぼすかが全くわかないためです。



現に、たとえ病院に搬送されたとしても、その危険ドラッグの成分などを把握していないために、治療方法が無いということもあるようです。



この危険ドラッグとは、既に規制されている薬物の化学構造を少しだけ変えた物質であるというのが最もその危険性を高める理由です。



いわゆる法の規制をかいくぐるためにつくられた危険ドラッグは、逆に今まで存在したこともない構造の物質がつくられることもあるのです。



ですから、麻薬や覚せい剤などよりも危険な成分が含まれていることもあるので、実際どんな危険性があるのかすら、わからないのも大変な問題になのです。



[スポンサーリンク]







危険ドラッグを使用した際の症状は、そこに含まれる成分やその含有量によってまちまちです。


例えば、吐いたり、意識を失ったり、暴れたり、それこそ今回のニュースのようにけいれんをしたりといった症状です。


最悪の場合には、これらの症状を通り越して、死に至ることもあるというのが危険ドラッグの特徴です。





危険ドラッグを使用した際の症状は、それだけではありません。


規制されている薬物と同じように、危険ドラッグに含まれている成分はどれも脳に強く作用します。

ですから、その症状は危険ドラッグを使用する量が増えれば増えるほど大きくなります。


例えば、実際にないものが見えたり、聞こえたりする幻覚や幻聴や、ぐったりしてしまい、何もやる気が起きなくなる倦怠感が強く現れたりしますし、集中力が低下し、学習能力が大きく低下してしまうなど、そういった心身にとっても様々な影響があります。


危険性の高い症状がある危険ドラッグ.png



では、このような危険性の高い薬物にどうして手を染めてしまうのか!?



その回答は、簡単です。


「快楽」です。




こうした危険ドラッグは、一時的に“良い気分”になるからなのです。その作用が切れてしまったときに起こる絶望感や不安感が、耐えがたいものなので、その症状から逃げるために再び危険ドラッグに手をだしてしまうのです。つまり、依存してしまうのです。


また、危険ドラッグを使えば使うほど、身体にも適応してくるので、それだけ使用する量が増えてしまいます。そして依存度が高まることで、薬物が欲しさに暴力事件をおこしてしまったり、犯罪に手を染めてしまうのです。



今年の6月に池袋で起きた事件も、その使用者は危険ドラッグを購入後に、すぐに使用しています。家に帰るまですら我慢できないほど依存してしまっているというのがその証拠です。



ここまで説明してきたように、危険ドラッグとはその名の通り本当に恐ろしい薬物です。そして、依存してしまいます。一旦こうした薬物に依存してしまうと、大きな事故や事件を起こしかねません。しかもほとんどが気づいていない時にです。そんなことで人生を棒に振っていいのでしょうか。




まずは、決して使用しないことです。危険ドラッグに手を染める経緯は、ほとんどの人が知り合いや友人から勧められてというのが多いようですが、絶対に手をだしてはいけません。どんなに自分のことを信じることができなくて、そして未来が見えなかったとしてもです。



「千里の道も一歩から」




今回は以上です。


[スポンサーリンク]






最後までお読み頂き、ありがとうございました。


共通テーマ:ニュース

世田谷区の小学生巻き込み事故の原因は!? [社会問題]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!




世田谷区の路上で、小学生3人に軽トラックが突っ込む事故の原因は何だったのか??


[スポンサーリンク]






今日の午後1時30分頃、世田谷区の路上で帰宅途中の小学生3人を巻き込む自動車事故が発生し、その小学生3人のうちの1人が心肺停止状態だという。




なぜこのような事故が起きてしまったのだろう!?考えられる原因は何か?


自動車事故の画像.png
(イメージ画像です)





①世田谷区という立地


今回考えられる事故の原因の一つ目は、世田谷区という立地が関係している可能性があります。それは、道路が比較的狭いということです。東京の中でも狭い方の部類に入る世田谷区の道路です。
それにくらべ、今回事故の起きた付近は、ニュース画像をみても比較的普通の道路であるといえます。ましてや、事故を起こした車が軽トラであることから、そのあたりの油断があった可能性があります。




②お昼という時間帯


次に考えられる事故の原因は、時間帯が、お昼すぎの午後1時30分ということで、集中力がとぎれやすい時間ということです。ちょうどお昼休憩を終えた後の仕事を再開し始める頃合いです。また昼食などで、お腹に溜まった状態になると、血液の循環が脳ではなく胃や腸などの消化器官に偏るために、集中力を欠いてしまうというのも考えられます。事故の現場となった世田谷区のこの道路の状況をみても、さすがに居眠りは考えにくいです。




③運転手の年齢


3つ目として考えられるのは、事故を起こした運転手の年齢にあります。運転手の年齢は61歳。やはり、すべての身体機能が衰えていることは否めません。ましてや、巻き込まれた小学生3人はまだ身長も小さいはずです。全国的に見ても小学生3年生の平均身長は130cm以下です。ということは、車からの死角で小学生が歩いている位置を把握できていない可能性があります。




④危険ドラッグか!?


最後に、あなたも記憶に新しいと思いますが、つい最近、池袋で起きた自動車事故の運転手は危険ドラッグを飲んだ後に運転をし、意識混濁のまま車を歩道を歩いている歩行者を巻き込んでしまいました。今回の場合、事故後にすぐ事情聴取をしているという点からみても、その可能性は低いと思いますが、注意しなければならないのは、事故の原因が、飲酒運転であったということは考えられます。今の時代、飲酒運転の規制が厳しくなったとはいえ、それはあくまでも夜の時間帯です。少なくとも車の通行量が少なくなり、飲酒のしやすい時間帯である夜中前や、明け方です。もし、飲酒の可能性があるとすればそのあたりのことにも精通している常習犯ともいえます。





ここまで、考えられる今回の世田谷区で起きた自動車事故の原因について挙げてきましたが、小学生3人のうちの1人が今なお重体のようです。一刻も早い回復をお祈りするとともに、自動車を運転することに、改めてそれだけとても大きな責任があることを再確認することが大事であると思います。




今回は以上になります。


[スポンサーリンク]






本日もありがとうございました。






共通テーマ:ニュース

大麻の症状と副作用は!? [社会問題]

本日話題の出来事をお伝えするリポーターのJUNです。


まずは人気ブログランキングをチェック!




本日は、大麻の症状とそれによる恐ろしい副作用について言及していきたいと思います。



。[スポンサーリンク]







大麻を吸った後の症状は、大麻が起こす生理作用として、THC(テトラヒドロカンナビノール)という化学物質が脳に作用し、いわゆる精神的にhighな状態(ハイテンション)になるといわれています。


特に、大麻による症状の一部である“ハイテンション”になりたくて吸ってしまうというのがある意味、大麻の魅力なのです。


大麻を吸い込む男性.png



また、大麻による症状としては、大麻を吸う量によっても違いがあり、少量であれば「鎮静作用」の症状、これが多量になれば「幻覚作用」も起こすと考えられています。この幻覚作用が副作用の一つです。

副作用とは、本来の目的以外の好ましくない働きのことをいいますが、幻覚という副作用は、普通見えないものが見えてしまったり、聞こえてこない話し声が聞こえたりしてくる症状です。


その恐さのあまり、急に飛び降り自殺を図ってしまったりすることもありますので、かなり危険な状態といえます。



こういった作用のように大麻には他にも恐ろしい副作用があります。


【大麻の副作用①】発ガン性物質がたくさんあります。

大麻が肺ガンの危険因子であるといわれていますが、たばこの煙よりもタールの量が4倍であると言われています。また、発ガン性物質はたばこの煙よりも50~70%も多く含んでいます。



【大麻の副作用②】脳や神経への害があります。

THC(テトラヒドロカンナビノール)が結びつきやすい脳の部位には、喜びや記憶、思考力、集中力、感覚的なもの、時間の把握、協調運動などです。そこに異常が起きると、高揚感(ハイテンション)になれる一方、パニックやうつ症状など精神的な部分への影響があります。



【大麻の副作用③】心臓への害があります。

心臓の主な役割は、酸素などの細胞が必要な栄養素の運搬作用です。これが大麻の吸引によって低下してしまいます。したがって、負担のかかった心臓では発作が起きやすくなり、通常状態の約4倍以上の危険性があると言われています。
 

しかし、これらの副作用よりももっともっと恐ろしい副作用は「禁断症状」でしょう。

大麻にも依存性がありますので、大麻を定期的に使用してしまうと、禁断症状が現れてきます。この症状は違法物質への依存度を高めるばかりではなく、今後もっと危険な違法ドラッグや覚せい剤への道に招かれてしまいます。

そこまでになってしまったら完全に“身の破滅”です。自分ではどうにもコントロールのできない身体になってしまうのです。


大麻の吸引パイプ.png



中学生が各地で大麻を購入しているというニュースが最近よくでてきていますが、今回の福井県の場合、初のケースだったようです。


大麻は、一般的に紙で巻いてたばこのようにして吸うか、あるいはパイプに詰めてそこに火を点けて吸う方法が多いようです。ですから、たばこと同じ感覚で吸ってしまうこともありますし、ちょっとたばこよりも煙が濃いという感じで吸えてしまいます。


また、たばこと見た目変わりないので、あまりその恐ろしさが表面的に感じないというのもあると思います。


今回のケースもツイッターというSNSで大麻の売人と知り合ったという事だったので、摘発がますます難しく、しかもこういった事件が増えていくのは否めない状況であるといえます。


大麻は合法である国や地域がありますが、日本ではもちろん違法のものです。



安易に大麻の症状の一部である“ハイテンション”を簡単に求めようとはせず、危険な副作用もあることをきちんと理解し、思いとどまることをただ願っています。



今回は以上になります。



[スポンサーリンク]






最後までありがとうございました。

 
 
 



共通テーマ:ニュース
社会問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。